top of page

脱毛後の保湿は昔の話です


まずは、脱毛をした後にどうして保湿が必要なのか、その理由を考えてみましょう。


脱毛サロンやで行われる光脱毛は、黒い色に反応する光を当てて施術しています。


ムダ毛の1本1本に熱を伝えることでムダ毛が抜け落ちていく仕組みですが、当然この施術は肌への影響もあります。


なぜかというと、元々、幅広い波長を持つ光脱毛は、シミやアザの治療に使われていた美容機器でした。


幅広い波長を持つ光脱毛は、シミやアザの治療に使われていた美容法の副産物だからなんです。


シミは紫外線や外からの刺激を受けることで、メラニンが表皮の基底層という部分で作られます。





表皮の基底層で作られたメラニンが、いつまでも表皮内にこびりついて、出て行ってくれない状態がシミ・くすみです。


シミは表皮に存在し、それをターゲットにしているのが現在の光脱毛に使用されている脱毛器ということです。


あくまでも、光脱毛のターゲットは表皮で、たまたま表皮に存在するメラニン色素(シミ・くすみ)に反応する光がムダ毛のメラニンに反応し脱毛効果が得られるというものです。


ですので当然、光脱毛では表皮がダメージを受けるので保湿が必要となるのです。


脱毛しながら美肌をGET!こういったキャッチコピーは光脱毛によく使われますが、黒ずみ・シミの改善効果は期待できますが、当然のことですが、ほくろ・日焼けした肌には照射できないというものです。


でも、ちょっと考えてみてください。脱毛効果は、表皮でなく真皮にある発毛の要因となる組織の問題です。なぜ表皮の美肌効果が期待できるのでしょうか。


それは、裏返すと光脱毛は「脱毛効果があまり期待できない」ということです。付け加えると、脱毛後に保湿が必要とういことは、確実に表皮がダメージを受けているという証拠です。



脱毛の仕組みを、とことん知ってポイントを押さえた賢い脱毛を行いましょう。


大切な肌を守り、キレイな肌になるためには


・肌の乾燥を伴うため保湿ケアが必要となる脱毛は行わない

・脱毛後に紫外線対策を行わないといけない脱毛は行わない

・脱毛した部位を脱毛後に冷やす必要がある脱毛は行わない


保湿の注意が必要な旧式の脱毛は肌が『火傷に近い』状態になるほどのダメージを受けています。


脱毛後に、ヒリヒリやチクチクした痛み不快感、あるいはかゆみを感じる脱毛は大切な肌を守るためにも避けましょう。


肌には本来、ダメージを修復してすこやかな状態に戻ろうとする機能=自然治癒力が備わっていますが、著しくダメージを負った場合は皮膚の正常な機能が果たせなくなり修復にも従来よりとても時間がかかってしまいます。







閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page